2017/07/21

枯れた下葉・花芽の処理


今日は午前中は曇っていて、
たまにシトシト。
まるで、梅雨に逆戻りしたみたいでした。

お昼過ぎに急に土砂降りになったと思ったら、
そのあとは真夏の太陽・・・

地面が濡れていて、湿気が多く、
葉についた雨つぶに
太陽光があたってレンズになる。
ポット内の濡れた土が高温多湿になる。
そう、
多肉が一番いやな状況です。

ここ最近、少しでも多肉が夏を元気に越せるように、
時間を見ては少しずつしている作業があります。

それは、下葉と花芽の処理。

処理なんて言うと
すごく大それたことをしていそうですが、
要は、お掃除です(^^)/

枯れた下葉や花芽が雨などで濡れると
カビなどの原因になるし、
それがあると、風通しも悪くなるので
時間がある時に取るようにしています。

本当は梅雨前にしておいた方が
いいんですけど・・・(^^;

今日はピンクプリティちゃんの
お掃除をしたので
ご紹介します♪

下葉の処理


ここまで枯れていると、
触っただけでポロポロ落ちます。

※変な角度でごめんなさいっ

土の上に落ちた葉も
ちゃんと片づけないと
湿気・カビのもとです!


はい、すっきり♪
すっきりというか、
丸裸の枝になってしまいました(^^;


カラカラになっていない葉も
軽く引っ張ってみて
するっと取れるようなら
取ってしまいます。


↑ちょっと引っ張ったら取れた葉。


枯れた花芽の処理


我が家では花芽は枯れるまで
ほかっておきます。

もし、枯れる前に処理したい場合は
根本からハサミでカットしておけば
良いと思います。

花が枯れると、
下葉と同じように
軽く引っ張るだけで
するっと取れます。

取れない時は、あきらめるか
ハサミでカットします。

↓これくらいの状態でも軽くひっぱると、


↓取れた~(^^)/


注意!
取れない時に
無理やりぎゅぎゅぅ~って
しないように!



0 件のコメント:

コメントを投稿