2017/08/01

我が家にも少しだけいます。


今日もせっせと、
ヤブ蚊バリアーを庭にまいて
草抜きを頑張ってました。

今日は最高気温が35℃。
ヤブ蚊の前に熱中症になってしまう・・・(^^;

本日は室内で
ぬくぬくと生活している、
実は我が家にも少しだけいる
ハオルシアをご紹介します。

私は硬葉系よりも軟葉系が好きで
軟葉系の中でもやはり
窓があるものが好きですね。

多肉植物は太陽が大好きなので
室内で育てると徒長しがちですが、
ハオルシアは室内でも
元気に育ってくれます。
場所があればもっと増やしたいのですが・・・

意外に丈夫で、
つい、水をやり忘れてシワシワになっていても
水を上げると翌日はプリっとしてる
かわいい子たちです(^^♪


光るオブツーサ

科名:ユリ
属名:ハオルシア

ハオルシアには水滴が似合う(^^♪

ハオルシア 光るオブツーサ

と言うか、実は普通に撮影したら、
ほこりまるけだったので、
霧吹きをしてあげただけですけど(^^;

この光るオブツーサ
実際に光るわけではありません。
(当たり前ですけど・・・)

葉に白いラメのようなものがあり、
それが窓を美しく見せるので
光るオブツーサというらしいですが、
我が家の子は、そのラメがよくわかりません。

光ってます?



達磨オブツーサ

科名:ユリ
属名:ハオルシア

「達磨」と書いて「ダルマ」と読む。
我ながら世間知らずですが、
多肉を初めてから知りました。

ハオルシア 達磨オブツーサ

最初、「タツマ?」とか思ってて
そういう種類なのかと勘違いしていましたが
色々な種類の多肉にこの文字がついているので
不思議に思ってしらべて知りました。

要は達磨がついていない子より
ぷっくりまんまる、ということですが、
オブツーサってもともとまんまるだと思うので
あまり違いがわからないですね。

ピリフェラ

科名:ユリ
属名:ハオルシア

ピリフェラ・・・だったと思います。

ハオルシア ピリフェラ

オブツーサの葉が細長くなった感じです。
子供の頃はオブツーサと似ていましたが、
だんだん葉が細長くなっていきました。

ただの光量不足だったりして・・・

この子にもきれいな窓があります。
ハオルシアの窓には理由があって、
日陰でも光合成ができるよう、
窓を作って光を集めているとか。

すごいですね~(^^♪

0 件のコメント:

コメントを投稿